安かろう悪かろうの時代は終末へ

カプセルホテルは安旅をするときの安宿の確保としてよく注目されています。現在でもビジネスホテルに比べても半額以下で宿泊できる場所が多く、どうせホテルは眠るだけの場所だからどうでも良いという人がよく利用しているでしょう。しかし、このような考え方の人だけではなくなってきているのがカプセルホテルの利用者の傾向です。安かろう悪かろうではなくなってきているのがカプセルホテルであり、むしろビジネスホテルよりも良いサービスがあるから選ぶという人もいます。カプセルホテルは寝床がある意味では他の人と共用という形になっていて、あまり広くはないのは確かでしょう。しかし、それ以外の部分で魅力的なサービスが増えてきているのです。

スパや温泉が利用可能

カプセルホテルが安いのは一人あたりのスペースを最小限に抑えられるからであり、その点でサービスを充実させていることはあまりありません。しかし、それ以外の部分ではコストを費やすことができるでしょう。最も多いパターンがスパや温泉などを併設してしまい、宿泊者は自由に利用できたり格安になる割引券をもらえたりするというものです。ゆったりとしてのんびりできる温泉に自由に入ることができたり、ジャグジーなどを使って疲れを癒やしたりできるサービスを充実させているカプセルホテルが増えています。マッサージやエステなどを割引で利用できるメリットがあるカプセルホテルもあり、旅行のときくらい贅沢をしようと考えて選ぶ人も多くなっているのです。