食事マナーは文化の違いが顕著に表れる

海外旅行をする時は、その国ではタブーとされている行為をしないようにしましょう。まずは食事に関するマナーです。食事マナーは各国によって異なる風習があるので、その国に従ったマナーを覚えておく必要がありますよ。例えば器の使い方は、多くの国で日本とは逆の使い方をします。つまり器を持って食事するのか、置いた状態で食事するのかという相違ポイントです。日本では食器を口元に近づけるために、器を手で持ち寄せる行為が作法として根付いています。一方海外では、置いて食べる方が礼儀正しいとされる国が多いのです。また、日本では麺類を食べる時に音を出して啜りますが、ヨーロッパやアメリカなどでは行儀が悪い食べ方として捉えられるので、十分注意しましょう。

接客サービスに関するマナーとは

続いて紹介するポイントは、接客サービスに関するマナーです。日本ではチップを払う習慣がありませんが、アメリカなどではあらかじめ、サービス料金は別という考えがあります。したがって、丁寧な接客に対してチップを払う習慣があるのです。それを知らずに旅行していると、いたるところでこのギャップを感じることになります。例えば、レストランでは食事料金とは別に、チップをウェイトレスに渡すのがマナーです。これをしないと怪訝な態度を取られたり、場合によっては口論などのトラブルに発展する可能性もあります。 以上のように、日本でOKとされていても、現地ではタブーとされている行為が数多くあります。これらをしっかり把握して、トラブルにならないように海外旅行を楽しみましょう。