夏の東京の特徴と人気観光スポット

東京は、年間を通してイベントが盛りだくさんな地域です。家族層も含め旅行がしやすい夏のシーズンは、さらに多くの催しなどがいろいろな場所で展開されています。まずは、花火です。7月8月を中心に、川沿いや海沿いで開催されるものが多いです。毎年TVでも中継される有名で大きな花火大会は、7月末ごろに行われる「隅田川花火大会」です。迫力満点で、隅田川河川沿いは多くの人でにぎわいます。また、納涼盆踊りもよく見かけます。築地本願寺など、大規模・盛大に行われており活気に満ち溢れています。その他、博物館や庭園もあり、天候や旅行員構成にかかわらず楽しめる地域です。さらに、東京でも、マリンスポーツができる自然に囲まれた場所があります。伊豆諸島や小笠原など、イルカに出会えることもありとても人気です。

冬の東京の特徴と人気観光スポット

関東地方に位置している東京は、冬は若干マイナスになる日もあり、2月前後には雪が降る日もあります。ほぼ毎日、コートやジャケットが必要な気候です。そんな冬でも、やはり人気観光スポットはたくさんあります。クリスマスごろは、あちこちの街でイルミネーションが輝き、商業施設や遊技場には巨大クリスマスツリーが登場するところもあります。年末年始にかけては、神社仏閣での参拝が多く行われ除夜の鐘や初詣はどこの神社も人でにぎわいます。屋台も多く出店している場所などは、どこか懐かしい感覚にとらわれます。2月は、節分があり芸能人による豆まきが行われていることもあります。動物園では、シロクマなど寒い地域の動物の動きが活発になっていたりと、夏とはまた違った発見があります。